Kitchen Heart -LIFE STYLE-

主婦の日々
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
INFO
兼業主婦が毎日の出来事をつづるブログです。 コメントとトラックバックは受け付けていませんので、ご意見・ご感想はメールでお願い致します。 メールアドレス heart713[at]ares.eonet.ne.jp お手数ですが[at]を@に置き換えてください
RECOMMEND
--我が家で愛用中の家電--
 (JUGEMレビュー »)

ヘルシオでの調理で使っているレンジ対応容器です
手作りリース
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
ポールモーリアの死
不思議です。
今、こうしてブログの更新をしてる時に
ポールモーリアの訃報が伝えられました。
私は、そのポールモーリアのことについて書いていたところでした。

昨日、今日と久しぶりにCDを聞こうと思い、曲選びに悩んだのですが
ちょうど、8年前の今頃、母とポールモーリアの日本最終公演のコンサートに
行っていたので、ポールモーリアのCD3枚を選んで、1日中聞いていたのです。

何故、母とコンサートに行ったかというと、主人と行くはずだったのに
主人が入院してしまい、たまたま、母がアメリカから帰国していましたし、
ポールモーリアの音楽もよく理解していましたので誘ったのです。
主人の容態も気にはなっていましたので、
誰かに代わりに行ってもらおうとも考えましたが、
母への親孝行を兼ねて行くことにしました。

昨日、今日、何回も聞きながら、母のことばかりを思い出し
涙が止まりません。あの日、心から喜んでくれていたのに、
私は主人の容態の方が気になり、喜んでいる母になんとなく冷たくして
いました。帰りの車の中で感想を語る母につっけんどんな返事ばかりを
していました。今、思うとどこか食事にでも連れてもっとゆっくりと
語らうべきだったと反省することばかりです。

主人はその2週間後に亡くなりました。
母は2年後に亡くなりました。

母がもう短くないとわかってから、すぐにアメリカへ駆けつけられず
仕事を休んで10日間だけ、母の看護にアメリカへ行った時に
ベッドから見れるように日本の歌謡番組のビデオを見せていたのですが
そこに、ポールモーリアのビデオもありました。
まさに私たちが見た日本最終公演をNHKが放送していたので、私が録画して
母に送っていたビデオでした。
やせ衰えている母の姿に、あの日の私の冷たい行動が重なり
大声で泣くしかありませんでした。

母が食べたいと言っている鯖の味噌煮や豚汁、おかゆなどを作って
10日間があっという間に過ぎました。
日本に帰る日、母は「今度、いつ来るの?」と言いました。
私は「1ヵ月後にたくさん休みをとって、また、来るからね」と
その会話が最後でした。
帰国してから2日後に母は亡くなりました。

どうして、もっと優しく出来なかったんだろうと悔いることばかりです。
母の思い出と優しさに包まれ、泣きながら、悔いながら
こんなにいっぱいポールモーリアを聞いた日にその本人が亡くなるなんて。
81才だそうです。母も生きていたら同じ81歳です。
| kitchen-heart | その他 | - | - |
終の棲家
先日のだんじりの見学から歩いて帰るときに、メイン道路ではなく、
我が家へ通じてるだろうと思える道を歩いたのですが、新しい発見が
たくさんありました。



大きなオリーブ園があって、たくさん実っていました。数え切れないほどの
たくさんのオリーブの木です。
戸建ての家に必ず植えてみたい1位の木がオリーブだそうですが、
確かに植えたくなる木だなあと思いました。ちなみに2位が花水木だそうです。
なるほど、わたしも同じですが、まだ、どちらも植えていないです。



道端にも、側溝にもいっぱい落ちていました。
もし、拾っていいものなら拾いたかったです。
でも、どうやってオリーブ漬けするんだろう!調べてみようっと。



この景色はだんじりの宮入の建水分神社の近辺です。
たぶん、昔の人が、収穫が終わり豊作を喜んで、
だんじりをが始めたんだろうなあと、感慨深いものがありました。
今日知ったのですが、河南町だけで40〜50台ぐらいあるそうです。
私は17台だけしか確認していません。わずか3万人ぐらいの町なのに
不思議です。

行きも帰りも、昔ながらの農家の姿を目にしながら、私の田舎に重ねながら
懐かしく歩いていました。
何処も同じだなあと思います。家の周りには家で食べれるだけの野菜や
お墓や仏壇に飾る花が植えられています。
その種類も似ています。田舎の風景って、言葉では表せません。

ここは、終の棲家(ついのすみか)になりそうです。


| kitchen-heart | その他 | - | - |
河南町だんじりに感動!!
朝8時、どこからともなく大きな歌声が聞こえてくる。
2階の窓からのぞくと下河内のだんじりの列が通り過ぎるところ、
若い元気な声と、誰が歌ってるんだろういい声がスピーカーから聞こえてくる。
そう、今日は河南町のだんじりだ! 初めての経験!
mixiのコミュニティで地元の方にだんじりの素晴らしさを教えてもらっていたので
今日はだんじりを見る計画を立てていた。
さっそく、お弁当を作り、全部のだんじりが集まる神社まで、歩きで出かける。
歩くこと1時間30分、そこはもう、別世界
とにかく凄い! 青年団という名の響き、若さが満ち溢れている!
この小さな町にこんなに元気な若者がたくさんいたなんて。
勇壮そのもの、例えようの無い感動があふれてくる
「この町に引っ越して来て良かった」と思う。



















夜7時30分ごろ、日本シリーズに夢中になってる頃、朝と同じように元気な
歌声が聞こえてくる。坂道をゆっくりとだんじりを押しながら帰っていく
青年団の一団、相変わらずみんなで大声でハヤシをかけながら歩いている!
なんて元気なんだろう! 明日もあるのに。
あの祭りパワーは何処からくるのだろうと、姿が見えなくなるまで見送る。


初めて見るだんじりです。
岸和田のだんじりは有名ですが、映像で見るだけでしたので、その凄さを
肌で感じることはありませんでした。
また、堺市に住んでいるときは、だんじりに出くわすと
交通の妨げになるなあと思いつつ、なんとなく眺めていただけでした。

豊かさを感じました。
日本人でよかったと思いました。
皆が夢中になれる理由は言葉じゃなく、知らずに湧き出る魂だと思いました。

十七体のだんじりを見てから、家路へと急いだのですが
行きは軽々、帰りはしんどい!
往復で1万7千歩、歩いていました。
カメラと弁当だけを持って歩くだけで、こんなに疲れるのに
だんじりを曳きながら走ったり、踊ったり、声をかけたり歌ったりで
それでも、長い距離を坂を、狭い道を歩けるパワーは、
祭りパワーなのでしょうか?
明日もあるんですよ! 皆、月曜日仕事にいけるのでしょうか?

とにかく、今日はほんとに素敵な一日でした。
UP写真をたくさん撮りましたが、かってに顔を載せるわけにいきませんので
全体写真のみにしました。





| kitchen-heart | その他 | - | - |
コストコホールセールに行く
今日は、尼崎の会員制のコストコに行きました。
友達が教えてくれて、4人のパート仲間と行きました。
驚きの連続で、こんなにアメリカの商品が品揃えして
手ごろな値段で売られているとは想像もしていませんでした。
今まで、アメリカから、わざわざ、重たいものを買ってきていたり、
母や娘に商品よりも高くつく送料で送ってもらっていったので
それらが、必要で無くなると思うと、ほんとに嬉しくてたまりませんでした。

時代が変わったと感じます。
子育て中に、こんなお店があったら、子供たちのために、
もっともっと色々出来たのになあと思います。
そして、主人が生きてたら、一番、喜んだだろうと
思います。



店の作りもアメリカそのものでした。パンコーナーにて


今日の買い物です。
次から、何を買えばよいかがわかりましたので、
買い物の形も変わっていくと思います。



夕べ、栗の渋皮煮を作るために、栗の灰汁をとっていたのですが
前回は、灰汁を取るのに鍋で5回ほど、煮炊きしていたのですが
今回は灰汁とりもヘルシオでしてみました。
鍋の時にはこんなに濁るほど、一度に灰汁は出なかったのに
ヘルシオは栗が見えないほどの灰汁が一度に出ました。
白っぽいのは蒸気です。



今朝、砂糖と栗を耐熱容器に入れて、1時間30分の煮込みにして、
そのまま出かけました。
家に帰ったのは夕方ですが、もう、すっかり中まで味がしみこみ
渋みもなく、ほんとうに美味しい渋皮煮が出来上がっていました。
| kitchen-heart | その他 | - | - |
かんたんなんてウソ!!
喫茶店をオープンするまでの過程の
サイトを作るために、今日はパソコンと奮闘!
もう、疲れました。
パソコンは操作できても、書いてあるとおりにいきません。
娘が作ってくれた、今のこのHPに感謝です。
簡単に操作できますから。


かんたんホームページビルダーって私にとってはウソです。
わかってる人が説明しているマニュアルです。
難しいです。一つ一つクリアしていく中で、
理解できていきますが、疲れるし、時間がかかります。
今日はトップページを何とか作りましたが、これから先が
思いやられます。タイトルは「流行らない喫茶店」です。



ガーデニングをしたり散歩をしたりで気分を紛らわせました。
水路の源泉を見つけたくて、歩いて行ったら
この水源までたどり着きました。幼い頃の私だったら
靴のままで水の中を歩いて行ったと思いますが、
ぬれたくないとの思いが勝って引き返しました。
もう、冷たくて冷たくて、本当に綺麗な水でした。


ほとんどの田んぼが稲刈りが終わっていましたが、
日当たりが今ひとつなのか、刈り入れを待ってる状態でした。
ラッキー(^^♪
| kitchen-heart | その他 | - | - |
時期早々
9月28日、曇り
今朝から裏庭の草刈とセロリを植えました。
心地よさの中で、一息しているところを写真に撮られてしまいました。


昨夜はなかなか眠れず、これからのことを考えてばかりで
外に出ては喫茶店としてどんなガーデンにしたらよいか、
厨房をどういう風に改造していくかなど、色々考え、
果たして来年オープンすることが私の本心からなのかなど
次々といろんな思いがあふれてきました。
そして、亡き母と主人にどうしたらいいのかを問いながら寝ました。



今朝、母の手作りの久留米がすりのもんぺをはき、
裏庭の草引きをしているときに、手を休め、ふと、見渡した景色に
涙がとめどなく流れてきました。
苦しいとか、寂しいとか、どうしたらいいのだろうとか
そんな気持ちではなく、今のすべてが癒される瞬間の涙でした。

そのときに気づきました。
流行らない喫茶店をしようとしてるのに
流行る喫茶店を開こうとしている自分
この景色のなかにとけあうガーデンをつくり
ゆっくりとお茶を飲み、散策してもらう喫茶店を目指していたのに
今の状況で何とかオープンしてしまおうと急いでいる自分

気づきました。

この田園風景が私を癒し、目覚めさせてくれました



母はアメリカの家の外回りををつつじいっぱいにして、
道行く人を楽しませたいという夢を半ばに他界しました。
私はその思いを受け継ぎ、私の手で叶えたいと2008年ごろの
ガーデン喫茶オープンがふさわしいのではと考えていたのに、
とにかくオープンだけしてみようと急いでいる自分に気づかされました。
購入した家の裏庭に続いているこの側面の200坪ほどの土地と
町役場の自然環境保護で守られているこの景色を生かさないまま
喫茶店をオープンしようとした私でした。
恥ずかしい限りです。
スローライフをとの思いとは逆方向に走ろうとしていた私、
今朝、自然の中で目覚めさせられました。
急がば、廻れですね。



| kitchen-heart | その他 | - | - |
流行らない喫茶店
平日でしたが、人手不足の為、朝から仕事でした。
そのおかげで、久しぶりに懐かしいお客様に会うこととなりました。
来年の3月15日で辞めることを伝えると、惜しんで下さいましたが、
退職後のことを聞かれたので
「流行らない喫茶店をする予定なんですよ」
「えっ、流行らない喫茶店?」
「はい、流行るような場所じゃなくて、知っていただくまで
 時間のかかる辺鄙な場所なんですよ」
「辺鄙な場所って?」
「ご存知無いかも知れませんが、南河内郡の河南町です。」
「えっ!!!  私、今、河南町に住んでるんよ。それは流行らんわ!」と。

二人で大笑いをしてしまいましたが、ほんとに流行らないかも知れないなあと
不安を抱いてしまいました。


昨日の散歩での写真です。彼岸花と棚田が三段、
交互に広がっていました。


棚田に続く道と水路です
棚田がある限り、水路が何処にでも工夫されて流れています。
日本の水田への思いが伝わってきます。
| kitchen-heart | その他 | - | - |
我慢の限界
土、日、祝と3日間、仕事だったので、かなり疲れています。
昨日のことですが、とうとう、お客様に
「そこまでおしゃるのなら、キャンセルして頂いても、結構ですよ、いいえ
ご要望にお答えできませんので、キャンセルをお願いいたします。」と
かなり、きつい言葉で言ってしまいました。
もう、クビになってもいいという覚悟の上です。
5回目のご来店でしたが、そのつど、限界超えるサービスと無理難題を
相談されていましたので、できる限りの提供は上司に相談の上、
させていただいてたのですが、常識では考えられないことまで
望んでこられたので、その瞬間にキャンセルをお願いしたのです。

私の頭の中はパニックでもなく、冷静でした。
そのことだけを伝えて、その場を離れ、ほかのお客様に接客しました。
しばらくしてから、私への呼び出しがあり、
その方から、「今の条件でいいから」というお言葉を聞きました。
でも、私は今後のアフターケアへの筋の通らないクレームで
悩まされたくなかったので、配達時に発生するだろうと思われる内容を
ご了解いただけないと、販売できないことも伝えました。
そのことも納得していただき、販売にいたりましたが
気持ちは嬉しくありませんでした。7年間、同じ販売に携わっていますが
お客様に買っていただかなくてもいいと、お断りしたのは初めてです。


今日は疲れていましたが、棚田歩きをしました。
こんなに安らぎを覚えた日はありませんでした。
本当に綺麗です。1日中見てても飽きない風景です。


はと麦です。黒真珠のような色に変わっていきます。
水路にたくさん群生していました。
幼い頃、お手玉の中にいれて遊びました。


黄色の野菊みたい花がたくさん咲いています。
名前を調べてみましたが、確信の持てる名前は見つかりませんでした。
優しい気持ちになります。

以前、道の駅かなんで、お客としてクレームを言いました。
お客様にはどんなことがあっても喜んでもらえるようにをモットーに
接客に努めていましたが、いかにお客様の要望にお答えしたくても
できないこともあるということを痛感しました。

| kitchen-heart | その他 | - | - |
飲酒運転・°°・(>_<)・°°・。
最近の飲酒運転による死亡事故が多いのには、
何て言ったらよいかわかりません。

私の家系は酒好きで、酒に強い父と祖父、叔父たちが飲んでは
馬鹿騒ぎして踊ったり、歌ったり、時には大喧嘩になったりと、
幼い頃より酒飲みに対しての印象はよくありませんでした。

運動会などでは焼酎を持って行って、地区の人たちと応援もそぞろに
飲み会が始まり、母が酔った父を抱きかかえて連れて帰ってたのを
思い出します。
でも、父も叔父たちも飲んで運転をしていたことは無かったと
思います。私が免許を取ってからは運転手としてあちこちから
呼び出されていました。
今思うと、身近に飲兵衛はたくさんいたけど、飲酒運転をしている人は
いなかったと思います。

長男が社会人になって、会社の飲み会に行き、一杯のお酒を
飲まざるを得なかったときに、長男はバイクを押して2時間ほど
歩いて帰ったときがありました。
私は「信じられない、たった一杯で?」と聞き返してしまいました。
「一杯でも酒を飲んだことにかわりは無いから」
答えた長男。この子は主人の子だなあ」とつぶやいた私でした。


写真は昨日農道歩きで見つけたにらの花です。
| kitchen-heart | その他 | - | - |
外食を楽しむ
起床10時、朝食10時30分
その後、散歩に出かけましたが、体が疲れきっているのか
いつもの120段ほどの階段を息を切らしながら、上っていました。
ほんとうにしんどいので、後ろ歩きで上り始めたのですが、
あまりの景色のよさにびっくりしました。
日頃では見えないものが見えてきて
少し、疲労感がなくなったように思えました。


これから、紅葉の季節、また、景色が変わるのが楽しみです。
昼ごはんは、外食です。
最近、あちこちに見られるようになった「まいどおおきに食堂」
河内長野市町店に行きました。

最近、思うのです。基本の味ってどんなものなのか。自分の料理が
もしかして、甘すぎるのか、辛いのか、濃いのか、薄いのかを
判断するためにこれから、あちこちの繁盛店に行って、
味を確かめなくてはと思い、出かけました。
2時を過ぎていたので、お客様はまばらでしたが、
値段の安さと、清潔さと、味の良さ、三拍子そろったお店で
従業員の方も、明るく、笑顔で挨拶していました。
| kitchen-heart | その他 | - | - |